SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたいしライダー 今日もゆく

カメラ・トレーニング・バイク… "おたいしライダー"の勝手気ままなブログです

SUPER FORMULA 2016 Rd.5@岡山国際サーキット ①

9月10-11日に岡山国際サーキットで行われた スーパーフォーミュラー 2016 第5戦に行ってきました。

f:id:spiderman671:20160920143626j:plain

※上手にまとめようとすると面倒になってUPしなくなる癖があるので気の向くままにUPしていきます(苦笑)

今開催は熊本地震で中止になったオートポリスの代替戦。新たな試みで土日共に予選&決勝が行われ レースを2度楽しむことができました。

今回、8月のSGT鈴鹿で一眼レフがご臨終になったのでコンパクトカメラでの撮影となり(あとビデオとアクションカム持参)ちょっと物足りない観戦スタイルになってしまいましたが、両日とも天候に恵まれ(夏日のような暑さに滝汗)それなりに楽しんできました。

 

■土曜日 予選セッション(20分間)

フリー走行で2番手タイムを出した小林可夢偉選手。調子が良さそうなので予選に期待してたんですが・・・。赤旗が振られているのに気付き目の前をみると、あらら可夢偉じゃない?。赤旗の原因となってグリッド最後尾決定です(残念)

f:id:spiderman671:20160920140557j:plain

 

■土曜日 決勝レース1

抜くのが難しいと言われる岡山国際なので決め手はスタート直後の1コーナーか1周目のヘアピンかなと。ここ最近はスタートシーンを見てないので1コーナーで観ることに。

カメラ撮影的にはスタート進行をグリッド正面から狙うパターンで(トリミング等すればいいのですがもうそのままでUP)。

フォーメーションラップ5分前

f:id:spiderman671:20160920142224j:plain

f:id:spiderman671:20160920142229j:plain

フォーメーションラップ スタート

f:id:spiderman671:20160920142233j:plain

▼レーススタートは少し左に移動してしっかり観戦できる位置へ。

f:id:spiderman671:20160920142544j:plain

▼右を向くとスタートシーンを狙う皆様。激戦区。

f:id:spiderman671:20160920143109j:plain

▼マシンがグリッドに戻ってきて緊張感MAX、さぁスタート!と思ったら、どうした?スタートディレイ???

f:id:spiderman671:20160920142945j:plain

▼どうやらポールポジションの中嶋選手が止まる位置を間違えてしまったようでやり直しに(中嶋選手はペナルティで最後尾に)

f:id:spiderman671:20160920143613j:plain

▼ちなみに1コーナー正面はこんな感じです。早めに場所取りしていても、スタート直前になると前方カメラ窓にオフィシャルカメラマンが結構来ますので視界は運任せな所もあります。

f:id:spiderman671:20160920143831j:plain

f:id:spiderman671:20160920143836j:plain

 

■レース1

さて、仕切りなおしのフォーメーションラップを終え、各車グリッドに整列。スタートへとエンジン音が高まります。

左手にアクションカム、右手にコンデジ、手前のポールにミニ三脚でDVビデオを固定(撮影バカ丸出し)。そして肉眼でスタートの瞬間を観ます。

f:id:spiderman671:20160920151136j:plain

f:id:spiderman671:20160920151141j:plain

f:id:spiderman671:20160920151147j:plain

f:id:spiderman671:20160920151153j:plain

f:id:spiderman671:20160920151159j:plain

f:id:spiderman671:20160920151205j:plain

f:id:spiderman671:20160920151211j:plain

f:id:spiderman671:20160920151217j:plain

f:id:spiderman671:20160920151223j:plain

おぉぉぉぉ!嵐のようなド迫力で爆音の固まりが一瞬で目の前を通り抜けていきました。いやぁ~久々に迫力満点のスタートを観たなと。ご満悦。

▼動画【アクションカム編】28秒

▼動画【DVビデオ編】38秒

このつづきはまた別のページで。